“DHA&EPA”+ユーグレナ
時代は魚由来から植物性へ
“ユーグレナ”配合で
バージョンアップ!!
オメガ3・オメガ9も含有

こんなお悩みはございませんか?

NASAの研究から生まれた
藻由来(植物性)のDHA&EPA

1980年代初め、米航空宇宙局「NASA」が食料供給、酸素源、廃棄物処理において微細藻類の研究をしたところ、
DHA&EPAを多量に含んでいる事を発見したことから、藻から抽出した植物性のDHA&EPAが誕生しました。

安全と品質へのこだわり

原料にこだわりを持ち「藻類由来の天然油、魚アレルギーの方も摂取可能」な成分であり、環境へ配慮しながら安定な供給を実現出来ています。

logo2
p1
  • 水銀・カドミウムなど海洋汚染の心配0のタンクで密閉培養

  • 品質維持のためにマイナス20度で冷凍

  • 劣化と酸化を防ぐために遮光ボトルで保管

p1

アメリカで販売している粉ミルクの
90%以上に
本製品と同じ製法のDHAが配合されています。

お子様から妊婦さんまで
安心して飲んでいただけます。

DHA・EPAの起源はなのです!

img3

だから、魚由来に比べて

DHA・EPAが
1.6倍濃い
コレステロール値は
約1/7と低い
plus

トランス脂肪酸0

トランス脂肪酸は… 摂りすぎると悪玉コレステロールが増え、狭心症や心筋梗塞などのリスクを高めると言われています。
マーガリンやショートニングに含まれていてアメリカでは2018年6月から全面禁止になりました。

logo2
ベータヴィア(ユーグレナ)を配合!

「ユーグレナ」って何??ミドリムシのこと。虫ではなく昆布やワカメと同じ藻の仲間です。

p6

一般のユーグレナは自然界で育ち緑色ですが、ベータヴィア(ユーグレナ)はタンクで培養しているので金色です。光合成をしないので通常のユーグレナよりパラミロン(特有の食物繊維)が高含有なのです。

最大の特徴は

  • 植物と動物の両方の性質を併せ持つ栄養価の高さ!
  • ビタミンやミネラル、アミノ酸などの多彩な栄養素を含有!
  • 細胞壁がなく効率良く消化!

現代の日本人に
不足している成分「オメガ3」

現代の食生活では、オメガ6脂肪酸(リノール酸)が過剰摂取の状態にありオメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)が不足しています。近年、リノール酸とα-リノレン酸のバランスが崩れたことが、アレルギー疾患や生活習慣病の原因の一つであることが報告されました。しかし、α-リノレン酸は人が身体に中で作ることのできない「必須脂肪酸」ですから、積極的に摂る事が大切です。

img6

藻由来のDHA・EPAには、
魚油に含まれていない
オメガ9脂肪酸が
自然含有しています!!

img7

栄養機能食品(亜鉛)

亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です。皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

栄養成分表示

(3〜4粒あたり)※ヨウ素は含みません
エネルギー11.97~15.96kcal たんぱく質0.41~0.54g
脂質1.10〜1.47g
(n-3系脂肪酸0.51〜0.68g)
炭水化物0.12~0.16g
食塩相当量0.002~0.003g 亜鉛2.8~3.8mg
原材料 微細藻由来DHA・EPA油、亜麻仁油、カメリアシネンシスエキス末、亜鉛含有酵母、ユーグレナグラシリス/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、カラメル色素